スターサーバーで常時SSL化する方法

https

独自SSLを利用しているのに、サイトがhttpsで表示されないぞ?

↑これ、以前の私です。

常時SSL化するには、それなりの設定をする必要があることを、この時の私は知りませんでした…。

せっかく使えるSSL、ちゃんと設定してサイトを「https」表示させましょう。

スポンサーリンク

スターサーバーで常時SSL化する方法

1. スターサーバーのサイトへ

スターサーバーのサイトへ飛びます。

2. ログイン

サーバー管理ツールにログインします。

スターサーバー①

スターサーバー②

ドメイン追加1

3. メニュー選択

FTPを利用したいので、「ホームページ」→「FTPアカウント設定」をクリックします。

常時SSL化1

4. ドメイン選択

常時SSL化したいサイト(ドメイン名)を選択します。

常時SSL化2

5. WebFTPにログイン

WebFTPにログインします。

常時SSL化3

6. バックアップ

「.htaccess」ファイルをダウンロードし、バックアップを取得します。

常時SSL化4

7. 常時SSL化設定

「.htaccess」ファイルを編集し、常時SSL化の設定をします。

常時SSL化5

常時SSL6化
追加するコード
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

8. 常時SSL化完了

しばらくすれば、サイトURLを「http://〜」で入力しても、「https://〜」で表示されるようになります。

さらに鍵マークがついていれば、SSL化の完了です。

常時SSL化7
URLをhttpで入力しても…

httpsで表示される
常時SSL化7-1

さいごに

ポイントとメモ

常時SSL化の設定はできましたか?

意味不明なコードをファイルに追加したり、ちょっと難しかったですね。

でもこれであなたのサイトはSSLに守られるので、安心して運用できるようになります。

 


にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました