スターサーバーで常時SSL化してhttps表示する方法

https

独自SSLを利用しているのに、サイトがhttpsで表示されないぞ?

↑これ、以前の私です。

常時SSL化するには、それなりの設定をする必要があることを、この時の私は知りませんでした…。

せっかく使えるSSL、ちゃんと設定してサイトを「https」表示させましょう。

スポンサーリンク

スターサーバーで常時SSL化する方法

1)スターサーバーにログイン

  1. スターサーバーのサイトを開きます。
  1. お申し込み」ボタンを押します。
スターサーバー①
  1. Netowlのユーザー情報である「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンを押します。
スターサーバー②

2)WebFTPにログイン

  1. サーバーアカウント一覧」にある「サーバー管理ツール」をクリックします。
ドメイン追加1
  1. FTPを利用したいので、「ホームページ」の「FTPアカウント設定」をクリックします。
常時SSL化1
  1. 常時SSL化したいサイト(ドメイン名)の右にある「選択」をクリックします。
常時SSL化2
  1. ログインしたいアカウントの右にある「ログイン」を押します。
常時SSL化3

3)ファイルのバックアップを取得

  1. .htaccess」ファイルの左にあるファイルのマークを押します。
常時SSL化4

4)ファイルに設定情報を追記

  1. .htaccess」ファイルの右にある紙と鉛筆のマークを押します。
常時SSL化5
  1. 以下の設定情報(コード)先頭に追記し、上の「上書保存」ボタンを押します。
追加するコード(コピペして使用してください)
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
常時SSL6化

5)httpsで表示されるか確認

  1. しばらく時間をおいて、サイトURLを「http://〜」で入力します。
常時SSL化7
  1. https://〜」で表示され、鍵マークがついていれば、SSL化の完了です。
常時SSL化7-1

まとめ

ポイントとメモ

スターサーバーで常時SSL化するには

  1. スターサーバーのWebFTPにログイン
  2. ファイルをダウンロードしてバックアップ
  3. ファイルに設定情報を追記

常時SSL化の設定はできましたか?

何度もログインしたり、意味不明な文字をファイルに書いたりと、ちょっと難しかったですよね。

でもこれで大丈夫!

あなたのサイトはSSLに守られるので、安心して運用できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました